舞台はちょっとお休み中の銭湯
半年限りの夢舞台
ここからたくさんのワクワクを生み出します
銭湯は、はだかの付き合い
ここではみんな一人の「池上人」
老若男女、だれでもござれ
ワクワクで、ホカホカと
体の芯から温まりほっこり帰れば
まちのあちこちの温もりが広がります

About

温THE TOWNって
なんだ?

温 THE TOWNは、池上のまちの体温を少し上げるプロジェクトです。

2021年6月から11月末までの半年間、池上にある休業中の銭湯「久松温泉」の2階を活用して、さまざまな企画を開催する舞台を用意します。

銭湯がたくさんの人を包み込む憩いの場であったように、この舞台でも子どもからお年寄りまでたくさんの人が楽しめる企画が行われます。

この夢舞台は半年限りですが、企画を通じて池上のまちに新しいタネを撒き、まちの体温を少し上げていきます。

Member

黒子はわたしたち。主役は一緒に楽しんでくれる町のみんな

アベ ケイスケKeisuke Abe

DESIGNER/LIVE STREAMER

デザイン会社、出版社のインハウスデザイナーを経て、2007年に独立。雑誌・コミックスの装丁など、主にエディトリアルデザイン領域で活動。

その後、商店街の青年部、川崎市の街おこし協力隊活動、リノベーションスクール@東急池上線へ参加するなど地域への関わりを深め、2018年に大田区池上に動画配信スタジオ「堤方4306(つつみかたヨンサンマルロク)」を立ち上げ。

2020年7月、近隣に移転。同空間にて、ランドスケープデザイン事務所 スタジオテラと共同で「ノミガワスタジオ(ギャラリー+イベントスペース)」をスタート、9月には同スタジオ内に、個人で開ける小さな本屋の集合体「BOOK STUDIO(毎週 金土曜日13時~18時の営業)」のスタート。デザイン・動画配信業務の傍ら、「半径2kmリビング化計画」を提唱。ケのハレを大切にし「個人がまちにはみ出す景色」になることを目指す。

地域系深夜ラジオ的トーク番組『池上放談』は、ほぼ毎週水曜日21時より 堤方4306YouTubeチャンネルにて絶賛生配信中!

 

P.S   Tシャツが“つくば”なのはご愛嬌(笑)

BAOBAB DESIGN COMPANY(デザイン事務所)
http://baobab-dc.com/

堤方4306(動画配信スタジオ)
https://www.facebook.com/tmkt4306/

ノミガワスタジオ(ギャラリー+イベントスペース)
https://www.facebook.com/nomigawastudio/

小薬 順法Yoshinori Kogusuri

株式会社G.U.style 代表取締役

設計事務所、ゼネコン、ハウスメーカー、不動産アセットマネジメント会社を経て2012年に独立。 設計、建築、不動産と業界間の溝を体験し、その「溝」にある違和感を埋めることが自分の社会的役割と考え、日々働いている。

働くことと暮らすことの生活の「溝」にも違和感を感じ、昔からそうであったような1階の店舗の上に住むというライフスタイルにその可能性を見つける。

店舗と住居という両方の機能を持つ「店舗付き住宅」という不動産を専門に紹介するサイト「商い暮らし」をOPEN。

2017年、東急池上線「石川台駅」にある元たばこ屋の店舗付き住宅に、渋谷より事務所を移転。1階はレンタルカフェ「いろは堂」として、まちに開かれた場を運営している。ここでアベケイスケと出会う。 2021年夏、「雇われること」と「独立すること」の隔たりを埋めるべく、毎週1回、月に7日間を自分の菓子製造販売所として営業ができる「ノミガワスイーツ」を池上にOPEN予定。

商い暮らし
https://a-kurashi.net/

レンタルカフェ いろは堂
https://www.instagram.com/cafe_irohado/